日本では当たり前に見かけるキャバクラ

日本では当たり前に見かけるキャバクラ。キレイにセットアップされた独特の盛ったヘアスタイル、完璧なメイク、ハイヒールにドレスで着飾った女性たち、ありがとうございました、気をつけて帰ってね、とお客様が見えなくなるところまで、深くお辞儀をするキャバ嬢。このような光景を見るのは珍しいことではないです。


キャバクラ...その語源は

実はキャバクラは日本が発祥の地と言われています。

その語源はフランス語の「キャバレー」(cabaret)と、英語の「クラブ」(club)から来ているようです。

キャバレー×クラブからできた造語なんですね。

キャバレーのようにわかりやすい明朗な時間制の料金体系で、かつ、クラブのような高級感を合わせ持ったお店ということで作られたようなんです。


日本ならではの文化がキャバクラという業態に反映

キャバクラは、お客様がセット料金とお酒のお金を払い、キャバ嬢とお話ができる場を設けている場所です。

つまりお客様は女の子とお話を楽しんだり、お酒を飲むためだけに高額のお金を払っています。

これは日本特有のカルチャーのようですね。

気軽に女の子に声をかけられないシャイな性格やビジネス上での飲みの席でのお付き合い文化などが影響して生まれた業態ともいわれていますね。

謙虚さや周りとの協調性が良いと考えられる日本ならではの文化がキャバクラという業態に反映されているのだと思います。

中でも歌舞伎町は沢山のキャバクラ店舗がひしめく激戦区エリアになっています。

今夜行ってみたいという方は、総合サイトのLuLINEで「歌舞伎町 キャバクラ」と検索すれば、自分に合ったお店が見つかりますよ♪